2014年 03月 28日

B-747(ジャンボ機)タイヤ。

B-747-400では、
一個のタイヤの大きさは、
およそ直径1.2m 幅0.5m
重さは120kgにもなります、
これが18個もついているのです、
タイヤだけでも総重量は約2.2トン。
普通自動車二台分もあります・
着陸時の飛行機の重量を約250トン
とすれば主脚の16個が滑走路につくときは、
タイヤ一個あたり重さにして約15トン以上(車15台分)
もの衝撃を受けることになります、
ですから飛行機のタイヤは頑丈に作られています。
b0044115_8414870.jpg

b0044115_8421128.jpg

b0044115_8424080.jpg

b0044115_843353.jpg

b0044115_843252.jpg

b0044115_8434639.jpg


b0044115_844791.jpg


by edogawa16 | 2014-03-28 08:46 | Comments(2)
Commented by バーダーカワセミ at 2014-03-29 07:43 x
専門的な詳しい説明を聞きますと、ジャンボ機の大きさがよくわかりますし、巨大な物体のイメージがより広がりますね。
着地の際のタイヤの煙があまりにも迫力があって、回転してないタイヤが一瞬に300キロぐらいの回転をするのですから、この煙を見て耐久力が半端でない事が分かります。
Commented by edogawa16 at 2014-03-30 08:07
バーダーカワセミさんお早う御座います。
ジャンボ機は大きいですよ~♪、
最後に身近に見られて良かったです、
着陸時のタイヤの摩擦物凄いものがあります、
風が左に吹いていますと匂いはありませんが、
右から此方に吹いてくると、ゴムの焦げた匂いがします、
相当な摩擦力と思います、
飛行機も色々観察すると興味深いものがあります。




<< イソヒヨドリ。      ムクドリが。 >>